環境や共生がテーマの作品を上映 ちょっとロハスな映画祭 6月23日(日)豊中市立eMIRAIE環境交流センター

 「ちょっとロハスな映画祭produced by 種まきシアターinとよなか」と題した映画祭が6月23日(日)10時~17時、豊中市立eMIRAIE環境交流センターで開かれる。環境と、多文化や自然との共生をテーマにした長編映画4本(有料、チケット予約制)と短編映画4本(無料)を上映する。
 「あしたの暮らしとよなか」と同交流センターとの共催。6年前、月に1回映像作品を上映し、感想を語り合って交流するという小さな場から始まり、その後仲間が増え、豊中市の助成金を利用して、活動を続けてきたという。上映する映画は、身近にある社会問題にフォーカスしたものを選び、一緒に見て、感想交流会を開くのが基本だ。今回の映画祭は、環境交流センターとの共催。

 長編映画は
🔸「0円キッチン~食材救済人のおいしい旅路」2015年オーストリア。食糧危機を吹き飛ばすエイターテインメント・ロードムービー。10:00~12:00、会議室1
🔸「HAFU・ハーフ~日本は多様化している Japan is changing!」2013年日本。日本の多人種・多文化社会に光を当てたドキュメンタリー。11:30~13:30、会議室2
🔸「ビューティフル アイランズ~気候変動 消えゆくしまの記憶」2009年日本。南太平洋のツバル、イタリアのベネチア、アラスカのシシマレフ、気候変動に揺れる3島を見つめたドキュメンタリー。13:30~15:30、会議室1
🔸「コスタリカの奇跡~積極的平和国家のつくり方」2016年アメリカ・コスタリカ。1948年に軍隊を廃止したコスタリカの奇跡に迫るドキュメンタリー。15:00~17:00、会議室2。
 無料の短編は「懐かしい未来 ラダックから学ぶ」10:30~11:20、会議室2、「タシちゃんと僧侶」12:30~13:20、会議室1、「パーマカルチャー 地球とつながる楽園のくらし」14:00~14:50、会議室2、「スマホの真実 紛争鉱物と環境破壊とのつながり」16:00~16:50、会議室1
会議室1の定員は60人、会議室2の定員は15人。

 長編映画のチケットは6月2日(日)からeMIRAIE環境交流センターへ来館か電話で申し込み(先着順)。各800円。前日までに申し込むと2本目からは100円割り引きされる。高校生以下は無料(当日に学生証を提示)。
 短編映画は無料上映。当日9時から受け付けブースで上映チケットを無料配布する(先着順)。
 長編のみ一時保育(1歳~)あり。利用申し込みは6月9日(日)までに申し込み。1本につき200円。
 申し込み・問い合わせは豊中市立eMIRAIE環境交流センター℡06・6844・8611

https://www.facebook.com/events/382118002637340/




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: 地域

あなたにおすすめの記事