曽根駅前が歩行者天国に! 第26回曽根サマーフェスティバル2019 8月24日(土)17時~

オープニングは豊中第1中学校ブラスバンド部の入場行進

 夏も終わりに近づいた8月24日(土)17~22時、曽根駅前で「第26回曽根サマーフェスティバル2019」が開かれる。阪急曽根駅東側の天兎前横断歩道からセブンイレブン前交差点までの「夢の樹とおり」約150㍍が歩行者天国になり、特設ステージ、サブステージでの出し物のほか、模擬店・遊戯コーナー、盆踊りなどで盛り上がる。「地域の人々が絆を深め、活性化を図りたい」と地元の人々や事業者、各種団体が集まって実施している。
 今年も豊中市立第1中学校スクールバンド部の演奏で幕を開け、特設ステージでは長興寺太鼓連、南桜塚小フラダンス、ゴスペルやママさんストリートダンス、キッズチアーダンスなどが出演、サブステージではジャグリングやダンス、バンド演奏などが披露される。最後は、オリジナルソング「曽根夢の樹音頭」(ゲスト・キングレコード南山正義さん)などに合わせて、民謡・盆踊りで締めくくる。

 

 雨天決行、荒天中止。

昨年のメインステージの様子
最後を飾る盆踊り
豊中のゆるキャラ、マチカネくんも登場




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: 地域

あなたにおすすめの記事