プロレスで元気と夢を 現役レスラーが明るく楽しく激しく! 7日(土)川西プロレスまつり2019 川西市総合体育館

昨年の「川西プロレスまつり2018」

 川西市在住の現役プロレスラー、ビリーケン・キッドが主催する「川西プロレスまつり2019」が7日(土)13時から、川西市総合体育館で開かれる。昨年に続いて2度目。
 ビリーケン・キッドは大阪プロレスに所属、2014年に退団後もフリーのプロレスラーとして活躍の傍ら、高齢者施設や保育園・幼稚園などを無償訪問している。

ビリーケン・キッド

 今年は元ボディビルダー日本チャンピオンの「ザ・ボディガー」、九州プロレスの「がばいじいちゃん」、道頓堀の大食い自慢「くいしんぼう仮面」ら15人のレスラーが集結する。途中、ちびっこプロレス教室も開く。「プロレスに暴力、流血などのイメージを持つ人が多いかもしれませんが、このイベントは流血もなく、明るく楽しく激しいエンターテインメントです。技を真剣に受け、派手に闘う姿を見せて、元気と夢を届けたい。地元川西の活性化にもつながれば」と話す。入場料の一部は市の社会福祉協議会に寄付される。
 最前列5,000円、リングサイド4,000円、一般自由席3,000円、中高生自由席1,000円、小学生自由席500円、65歳以上(要身分証明書)と未就学児は無料。当日は各500円増し。問い合わせは℡090・4759・7501、ビリーケン・キッドさんへ。

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: 地域

あなたにおすすめの記事