福娘らが縁起物授ける「豊中えびす祭」 1月9日(木)~11日(土)服部天神宮で

 「足の神様」として知られる服部天神宮(阪急服部天神)で、新春の風物詩「豊中えびす祭」が1月9日(木)~11日(土)に開かれる。昨年は3日間で約35万人の参拝客が訪れ、にぎわいを見せた。

「豊中えびす祭」に登場する、金色の烏帽子(えぼし)を被った福娘たち

 「福娘発祥の地」ともいわれる同神宮では期間中、数多くの応募の中から選ばれた35人の福娘たちが、福笹や熊手などを境内で販売。また、福笹などを購入した人には、金運を招くとされる同祭の特製券「壱億円札」も無料で授与される。

 各日14時からは、有名人による紅白の福餅の無料ふるまいも予定。10日にはパーソナリティー・浜村淳さん、フリーアナウンサー・梅田淳さん、元サッカー日本代表・釜本邦茂さん、宝塚歌劇団の女優らが登場する。

 ℡06・6862・5022、服部天神宮社務所内 豊中えびす祭事務局。




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: 地域

あなたにおすすめの記事