神戸市が飲食宅配に100~500円の助成金 新型コロナ対策
「Uber Eats」と連携 中小店と家計を支援 

 神戸市は飲食宅配代行サービス「Uber Eats(ウーバーイーツ)」と連携し、注文金額に応じた割引サービスの期間延長などを盛り込んだ飲食店と家庭の支援策を4月10日発表した。新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛で売上が減少している市内の中小飲食店の収入確保につなげるとともに、学校休校措置などにより家事や家計負担が増している家庭のサポートに役立てる。

神戸市役所でオンライン会見する市経済観光局の古泉康彦担当部長(左)ら=パソコン画面から

 「Uber Eats+KOBE」と名付けた支援策は4月13日から7月12日まで実施。市内のUber Eats登録店のうち、店舗数が20店未満などの条件を満たした中小規模飲食店560店舗と、今後新規加盟する同種の店が対象となる。Uber Eatsでは今回の対策として、対象飲食店の初期手数料無料、注文金額の応じた割引費用の負担などの施策を3月に発表済みだが、このうち4月13日から5月10日までとなっている割引サービスを、神戸市内の対象店舗に限って7月12日まで延長する。延長期間の割引費用は神戸市が助成する。

 割引額は飲食店がいずれかを選択。注文額が1件あたり、1,000円以上で100円、1,500円以上で200円、2,000円以上で300円、3,000円以上で500円、それぞれ割り引く4コースがあり、店の参加の有無や割引額は注文画面で確認できる。神戸市では期間を7月まで延ばすことで、家計負担の軽減を図り、息の長い飲食店支援につなげる方針だ。神戸市は最大1,500万円の助成を見込む。

 また、これまでUber Eatsは東灘区、灘区、中央区、兵庫区、長田区、須磨区を提供エリアとしてきたが、北区、垂水区、西区にも、店頭でのテイクアウト「持ち帰り」サービスを拡大。持ち帰りの利用時に飲食店がUber Eatsに支払う手数料の約4割をUber Eatsが減免する。市ではUber Eatsの利用が広がれば、配達員として働く機会の確保も見込む。商品受け渡し時の直接接触の低減、配達員のマナーについても取り組みを強化する。

 神戸市は、官民が連携し行政課題の解決をめざす専門部署「つなぐ課」を昨年4月に新設。Uber  Eatsと対話する中で、事業連携の話が急速に進んだ。市役所でオンライン会見に臨んた神戸市経済観光局の古泉康彦担当部長は「市内の飲食店は大変厳しい状況にある。この仕組みをぜひ活用し、市民とともに乗り切っていただけるものと期待しています」と話していた。

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: 地域

あなたにおすすめの記事