尼崎市 新型コロナで「総合サポートセンター」開設
市民相談を一元化

 尼崎市は「新型コロナウイルス総合サポートセンター」を4月24日(金)から市役所本庁南館1階に開設した。感染症の拡大に伴い、生活する上での困りごとや不安を抱える市民の支援にあたる。

尼崎でも市民生活に影響が広がっている

 現在、さまざまな支援制度が整備されつつあるが、制度によって、市、県、国などと実施機関が異なり、相談先や手続きに必要な書類がわかりにくいとの声があった。開設したセンターでは、相談者の状況を細かく聞き取りし、給付や補助、貸し付け、税・保険料の支払猶予や減免、労働・子育て支援などの活用できる制度を説明、事務手続きをサポートしていく。市民に寄り添った相談業務を通して、円滑で速やかな支援につなげるとともに、一元化することで市の事務手続きも簡素化し、市民ニーズの把握と分析を市政に生かす方針だ。

 電話番号は06・6489・6279。

   メールは ama-corona-support@city.amagasaki.hyogo.jp

 当面の間、感染拡大防止の観点から、原則電話やメールでの相談とし、窓口相談は予約制とするとしている。

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: 地域

あなたにおすすめの記事