JR芦屋駅が2023年度にリニューアル
明るく開放的なデザイン エスカレーターなど新設

JR西日本はJR神戸線芦屋駅で進めているリニューアルの概要を発表した。

新駅舎のコンセプトは「人と、まちと、美しく調和する。NEW ASHIYA STATION」。国際文化都市として長年築いてきた芦屋の歴史、文化との調和を図ることを目的に、「阪神間モダニズム」に代表される地域の文化的建築物の特徴を継承しつつ、新しい芦屋をイメージした現代的で、明るく開放的な駅舎デザインを採用した。コンコースにはクラシカルな意匠を取り入れ、快適で品格な空間を演出する。

JR芦屋駅南口の完成イメージ(パース)

駅舎は現駅舎の西側と南側に張り出す形で約1,400平方㍍を増築。各ホームと北口・南口の4カ所にエスカレーターを上下各1基ずつ新設し、南口のエレベーターも移転する。また、コンコース通路やトイレなども改修。みどりの窓口と改札も新装し、店舗も増える。

今年8月から工事を始め、2021年度末に増築部駅舎の暫定使用を開始。全体は2023年度の完成をめざす。芦屋市とJR西日本は2018年度に駅改良工事に関する協定を締結。改札外のエスカレーター、南口のエレベーターは市による整備となる。工事期間中は改札内の階段の一部や通路が狭くなる期間がある。

JR芦屋駅南口コンコースの完成イメージ(パース)

芦屋駅は1日平均で約5万6,000人(2018年度)が乗降し、今年春には駅北側で商業施設「モンテメール」がリニューアルオープン。駅南側では市が市街地再開発事業を進めており、阪神間の拠点としてさらなる機能強化が期待されている。




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: 地域

あなたにおすすめの記事