春日キスヨさん講演会『「百歳まで生きる“覚悟”」って?!~超長寿時代の「身じまい」の作法~』5/25(土)大阪で

春日キスヨさん講演会『「百歳まで生きる“覚悟”」って?!~超長寿時代の「身じまい」の作法~』5/25(土)大阪で

 最近よく耳にする「人生100年時代」。100歳まで生きることが決して珍しいことではなくなったといわれています。そんな時代に私たちは何を準備したらいいのでしょうか。  「高齢社会をよくする女性の会・広島」の代表で臨床社会…

続きを読む

家族のカタチはいろいろあっていい! 「沈没家族 劇場版」5/18(土)から関西で上映開始

家族のカタチはいろいろあっていい! 「沈没家族 劇場版」5/18(土)から関西で上映開始

 かつてテレビのドキュメンタリーなどで取り上げられたことを覚えている人もいるかもしれない。1990年代半ば、東京の片隅に様々な若者たちが集まって共同で子育てする「沈没家族」という場があった。そこで子育てされた本人、199…

続きを読む

本と人の出会い広げる「マイクロ・ライブラリー」
全国8館が集まりサミット 5月19日(日)大阪・なんばで

本と人の出会い広げる「マイクロ・ライブラリー」全国8館が集まりサミット 5月19日(日)大阪・なんばで

 個人または団体が運営する小規模な図書館(マイクロ・ライブラリー)の関係者が集い、運営ノウハウや思いを共有する「マイクロ・ライブラリー サミット2019」が5月19日(日)10時~16時10分、大阪市浪速区の大阪府立大学…

続きを読む

ケアの現場で、なぜユーモアが大切なのか? 医療・介護から子育ての現場にも生かしたい柏木哲夫先生の最新刊「ユーモアを生きる」

ケアの現場で、なぜユーモアが大切なのか? 医療・介護から子育ての現場にも生かしたい柏木哲夫先生の最新刊「ユーモアを生きる」

 日本の医療界でいち早くターミナルケアを実践した柏木哲夫さん(ホスピス財団理事長、大阪大学名誉教授、淀川キリスト教病院名誉ホスピス長)の最新刊『ユーモアを生きる―困難な状況に立ち向かう最高の処方箋』(三輪書店)は、互いの…

続きを読む

東洋陶磁美術館の特別展「文房四宝 清閑なる時を求めて」古人はなぜ文房具にこだわったのか?

東洋陶磁美術館の特別展「文房四宝 清閑なる時を求めて」古人はなぜ文房具にこだわったのか?

 大阪市立東洋陶磁美術館で開催中の特別展「文房四宝 清閑なる時を求めて」は、多忙な日々の中で、ひととき心安らかに過ごせる静かな時間を持つことの大切さを思い起こさせてくれる展覧会だ。  「文房四宝」とは、皇帝をも含めた中国…

続きを読む

子どもの視点で現代社会のリアルに迫る日向寺太郎監督の最新作「こどもしょくどう」4/5(金)から関西で公開

子どもの視点で現代社会のリアルに迫る日向寺太郎監督の最新作「こどもしょくどう」4/5(金)から関西で公開

 いま日本には約3,000以上の子ども食堂があると言われている。昨年4月に「こども食堂安心・安全向上委員会」(代表・湯浅誠法政大教授)が発表した数字では全国に2,286カ所。その時点で大阪府下には219カ所だったが、昨年…

続きを読む

生きているうちに思いを伝える
終活はコミュニケーション

生きているうちに思いを伝える終活はコミュニケーション

 あなたは終活していますか? 終活は「死」を意識するネガティブな面よりも、「今をより良く生きるため、家族が幸せに暮らし続けるための備え」と肯定的にとらえる人が増えています。行政書士・ケアマネジャーとして、介護や終末期医療…

続きを読む

白鶴美術館の中国陶磁器 釉色への憧憬―宋時代を中心に― 6月9日(日)まで

白鶴美術館の中国陶磁器 釉色への憧憬―宋時代を中心に― 6月9日(日)まで

 白鶴美術館が開館85周年記念春季展「白鶴美術館の中国陶磁器 釉色への憧憬―宋時代を中心に―」を6月9日(日)まで開いている。  同館は、白鶴酒造7代の嘉納治兵衛が「世界的価値のあるコレクションを一人でも多くの目に触れさ…

続きを読む
1 2 3 10