そうそうたるゲスト演奏家に鼓舞されて無限の力を発揮したブルックナーの交響曲第8番

【PACファンレポート㉞第117回定期演奏会】

 2019-20シーズンの兵庫芸術文化センター管弦楽団(PAC)の定期演奏会の開幕に、佐渡裕芸術監督が選んだ曲はアントン・ブルックナー(1824-1896)の交響曲第8番(ハース版)。6月に下野竜也が指揮したブルックナーの交響曲第5番に続いて、大作を持ってきた。

 新メンバーが加わったばかりのシーズンの最初に、難しいと言われる大曲を演奏するなんて大丈夫なんだろうか? 心配になって9月12日の公開リハーサルに駆け付けたが、第1楽章と第4楽章の演奏を聴いて、私の下手な心配は杞憂だったとわかった。舞台はぎっしり95人の大編成。佐渡芸術監督の若手演奏家育成の趣旨に賛同する各パートのゲスト・トップ・プレイヤーたちに鼓舞されて、PACメンバーたちが懸命に応えようとしている。心地よい緊張感の中のまとまりの良さは想像以上で、土曜日の演奏会が楽しみになった。

 

 演奏会当日。9月14日土曜の開演前に登壇した佐渡芸術監督は、「今シーズンは6カ国から18人の新メンバーを迎えた。ウズベキスタンからは初めて、ポーランド、イタリアからも優秀な演奏家が来てくれた。当初の僕の予想を遥かに超えて、卒団メンバーが国内外のオーケストラで活躍してくれているので、客演するたびにPACに在籍していたメンバーに出会えているのが大きな喜びだ。新メンバーが加わったPACは先日、明石でベートーヴェンの『運命』を演奏して、昨日からはブルックナーの8番。昨日もとてもいい演奏会ができたので、今日も期待してください」と話した。

2019年9月の第117回定期演奏会のパンフレット。画家で神戸芸術工科大学教授の寺門孝之さんが描く表紙絵には妖精Pacが登場。お地蔵さんの表情もかわいい

 この日の演奏もメリハリの効いた好演だった。若い才能は、優れた演奏家たちにリードされると、持てる力を無限に発揮することができる。その柔らかな感性とほとばしる熱量に目を見張り続けた。ホルンとフルート、オーボエの美しいメロディーの相聞に陶酔していると、力強いティンパニの連打に続き、ダイナミックに金管が爆発する。その大音量を受け止めるための弦楽5部は、ヴァイオリンが総勢30人、ヴィオラが12人、チェロ10人、コントラバス8人。波のように繰り返される反復に、ぐいぐいと引き込まれ、時間を忘れてのめり込む。圧巻だった。

 演奏時間は約90分。休憩なしで駆け抜けた佐渡芸術監督は汗びっしょり。演奏家たちも「やり切った」表情を浮かべて拍手を浴びた。

 コンサートマスターは豊島泰嗣。ゲスト・トップ・プレイヤーは、ヴァイオリンの横山俊朗(NHK交響楽団第2ヴァイオリン フォアシュピーラー)、ヴィオラの柳瀬省太(読売日本交響楽団ソロ・ヴィオラ)、チェロのオイヴィン・ギムゼ(元トロンハイム・ソロイスツ芸術監督、≪KONSTKNEKT)主宰者)、コントラバスのウルリッヒ・ウォルフとオーボエのクリストフ・ハルトマン(ともにベルリン・フィルハーモニー交響楽団奏者)、トランペットのハネス・ロビン(バイエルン放送交響楽団ソロ首席)、ティンパニのミヒャエル・ヴラダー(ウィーン交響楽団ティンパニ首席)。スペシャル・プレイヤーは、PACのミュージック・アドヴァイザーも務めるヴァイオリンの水島愛子(元バイエルン放送交響楽団奏者)、バスーンの中野陽一朗(京都市交響楽団首席)、ホルンの五十畑勉(東京都交響楽団奏者)とアンドレイ・ズスト(ベルリン・フィルハーモニー交響楽団奏者)トロンボーンの倉田寛(愛知県立芸術大学教授)。PACのOB・OGは、ヴァイオリンで7人、ヴィオラで1人、コントラバスで2人が参加した。(大田季子)

 

 

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: PACファンレポート

あなたにおすすめの記事