日本初演のスリリングな曲で始まった楽聖の生誕250年の演奏会~佐渡裕 音楽の贈りもの ベートーヴェン「皇帝」&「英雄」~

【PACファンレポート㊳佐渡裕 音楽の贈りもの ベートーヴェン「皇帝」&「英雄」】

 兵庫県立芸術文化センターが開館15周年を迎える今年は、楽しみな記念事業が目白押しだ。その始まりが1月31日と2月1日に行われたベートーヴェン生誕250年「佐渡裕 音楽の贈りもの ベートーヴェン『皇帝』&『英雄』」だった。

 

 私が駆け付けた初日、KOBELCO大ホールは満員の聴衆。演奏前にステージに登場した佐渡裕芸術監督は「先々週の定期演奏会にもお越しいただいた方が多いと思いますが、定期演奏会の後、PACは演奏会ツアーに出て広島、鳥取、宮城、昨日は愛知、今日明日がこのホールで、2月2日に富山というハードスケジュールです。ベートーヴェン生誕250年でベートーヴェンの曲を2曲演奏しますが、最初の曲だけは各地で別の曲を演奏しています。今日最初にお届けするのは、2016年オーストリアのグラフェネッグ音楽祭でのワークショップで、当時まだ17歳だったアメリカのベンジャミン・P・ウェンゼルバーグが作曲した非常に面白い曲です。彼は作曲だけでなく、指揮も歌もピアノもする傑出した才能の持ち主で、非常によく勉強し、ベートーヴェンへのオマージュを込めた曲を作りました。随所に『英雄』の断片が意外なかたちで顔を出してきます。とても面白い曲だったので、僕はトーンキュンストラー管弦楽団で演奏しましたが、日本では今回が初演となります」と紹介した。

演奏会を告知するチラシも金色のイメージ

 この日のコンサートマスターは、トーンキュンストラー管弦楽団第1コンサートマスターのキリル・マキシモフがゲスト出演。通常コンサートマスターは、楽団メンバーがほぼ出そろってから舞台に登場することが多いが、彼は他のメンバーに先駆けてステージに現れ、まるで「早く演奏したい」とアピールしているように見えた。このホールで、佐渡芸術監督率いるPACと共演するのを本当に心待ちにしていたのだろう。

 冒頭の曲がウェンゼルバーグの「ヒロイック・ドリームスケープ・ファンタジー」。佐渡さんがタクトを構えると同時にフルートが力強く一声を上げ、打楽器が多用されるスリリングな展開。PACのWEBサイト上で作曲家ウェンゼルバーグ本人が動画コメントを寄せているが「すでに耳が聞こえなくなっている、1800~1804年のベートーヴェンが、繰り返し用いた主題を取り込み、21世紀の新しい音楽を追求した」8分半あまりの音楽は、躍動感とエネルギーにあふれる曲だった。

 

 ステージ中央にピアノを配する場面転換で、再び登場した佐渡さんがソリストと曲の紹介をした。

「ピアニストのエフゲニ・ボジャノフは定期演奏会でもPACの国内ツアーでも共演しているので、ご存じの方も多いかも入れません。彼は辻井伸行くんが優勝した国際ピアノコンクールのファイナリストでした。とてもいいピアニストなので、今日も楽しみにしてください。

 1月の定期演奏会はニ長調の曲でまとめましたが、今から演奏する2曲は変ホ長調の曲です。変ホ長調は神を感じる調性、『皇帝』も『英雄』も荘厳な金色を思わせる音が鳴ります」

 

 そのボジャノフの「皇帝」。河合製作所が提供したフルコンサートモデル SK-EXの鍵盤の上を自在に動く指で、こぼれんばかりの瑞々しいピアノの音を気持ちよさそうに奏でていく。華やかでリズミカルな約40分の魔法のような演奏の間、魅了されどおしだった。

 熱演の疲れも見せずに披露してくれたアンコール曲は、リヒャルト・シュトラウス「Morgen!(あした!)」(レーガー編曲)だった。

 続いてPACが交響曲第3番「英雄」をドラマチックに演奏。これぞベートーヴェン! この日の聴衆が期待した通りの演奏にいつまでも拍手が鳴りやまなかった。喝采に応えて、オーケストラもベートーヴェンの交響曲第7番より第4楽章をアンコールで演奏してくれた。

 

 コンサートマスターのマキシモフのほかのゲスト奏者は、ゲスト・トップ・プレイヤーは、ヴァイオリンの横山俊朗(NHK交響楽団第2ヴァイオリンフォアシュピーラー)、ヴィオラの中島悦子(関西フィルハーモニー管弦楽団特別契約首席、神戸市室内管弦楽団奏者)、PACのOBでもあるチェロの西谷牧人(元東京交響楽団首席)、コントラバスの加藤正幸(元東京フィルハーモニー交響楽団副首席)、ティンパニの奥村隆雄(元京都市交響楽団首席)。スペシャル・プレイヤーはPACのミュージック・アドヴァイザーも務めるヴァイオリンの水島愛子(元バイエルン放送交響楽団奏者)、ホルンの五十畑勉(東京都交響楽団奏者)。チェロの西谷のほか、PACのOB・OGはヴァイオリン10人、ヴィオラ3人、コントラバス1人が参加した。(大田季子)

 

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: PACファンレポート

あなたにおすすめの記事