小笠原望さんの映画 再び関西へ 6月16日・24日にトークショー

 

©株式会社ディンギーズ

 高知県四万十市で在宅医療に取り組む医師、小笠原望さんの日々を負ったドキュメンタリー映画「四万十~いのちの仕舞い~」(溝渕雅幸監督作品 製作・配給:ディンギーズ)。関西では2月に大阪と神戸で上映され、小笠原さんと溝渕監督によるトークショーは立ち見も出るほどの盛り上がりを見せた。

 

 

 高い反響を受け、6月から再び関西での上映が以下のとおり決定。京都シネマ、第七藝術劇場、イオンシネマ高の原では、上映後に小笠原さんと溝渕監督のトークショーも予定されている。

■京都シネマ(阪急烏丸) 6月16日(土)~

※6月16日・24日 10時20分の回上映後にトークショー

■第七藝術劇場(阪急十三) 6月16日(土)~

※6月16日 14時20分の回上映後にトークショー

■イオンシネマ高の原(近鉄高の原) 6月23日(土)~

※6月24日 トークショー(時間未定)

■イオンシネマ和歌山(イオンモール和歌山2階) 6月23日(土)~

 

最新情報は映画HPで随時更新される。

https://www.inochi-shimanto.com/

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース

あなたにおすすめの記事