【précieux 京都】#15 地域の人が集うヒュッゲなカフェ。自家製パンは心躍るおいしさ
カフェ・フロッシュ=京都市上京区七本松通五辻上ル東柳町557-7

【précieux 京都】#15 地域の人が集うヒュッゲなカフェ。自家製パンは心躍るおいしさカフェ・フロッシュ=京都市上京区七本松通五辻上ル東柳町557-7

 最近、良く聞く言葉に「ヒュッゲ」というのがある。デンマークのライフスタイルを表していて、心地よい空間で家族や友人と過ごすことで幸福や充実を感じるというものだ。無理をせず、見栄を張らず、手作りのぬくもりを感じながら、小さ…

続きを読む

花の都パリにちなんだエスプリに富んだ選曲を堪能~兵庫芸術文化センター管弦楽団第114回定期演奏会~

花の都パリにちなんだエスプリに富んだ選曲を堪能~兵庫芸術文化センター管弦楽団第114回定期演奏会~

【PACファンレポート㉚第114回定期演奏会】  4月20日土曜、阪急電車の車窓から晴れわたる青空を眺めながら向かった兵庫芸術文化センター管弦楽団(PAC)の第114回定期演奏会の指揮は、フランス国立ロワール管の音楽監督…

続きを読む

出発の季節、濃密でドラマチックなドイツ音楽の名曲に勇気づけられた~兵庫芸術文化センター管弦楽団第113回定期演奏会~

出発の季節、濃密でドラマチックなドイツ音楽の名曲に勇気づけられた~兵庫芸術文化センター管弦楽団第113回定期演奏会~

【PACファンレポート㉙第113回定期演奏会】  3月16日土曜、兵庫芸術文化センター管弦楽団(PAC)の第113回定期演奏会の指揮は、2016年11月の第92回以来2度目のクラウス・ペーター・フロール。前回シューベルト…

続きを読む

疾駆する指揮者に導かれ、女性演奏家たちが大活躍~兵庫芸術文化センター管弦楽団第112回定期演奏会~

疾駆する指揮者に導かれ、女性演奏家たちが大活躍~兵庫芸術文化センター管弦楽団第112回定期演奏会~

【PACファンレポート㉘第112回定期演奏会】  2月16日土曜に行われた兵庫芸術文化センター管弦楽団(PAC)の定期演奏会の指揮台には、名曲コンサートや子どものためのコンサートではおなじみのPACのレジデント・コンダク…

続きを読む

【précieux 京都】#14 8年をかけて完成した京都の“桃源郷”に、6席のみの鮨コーナーが誕生
AIC秋津洲京都「鮨 熊谷」=京都市北区上賀茂朝露ケ原町10-55

【précieux 京都】#14 8年をかけて完成した京都の“桃源郷”に、6席のみの鮨コーナーが誕生AIC秋津洲京都「鮨 熊谷」=京都市北区上賀茂朝露ケ原町10-55

 京都の北山から賀茂川に沿って北上し、西加茂橋東詰めに高い竹壁に囲まれた邸宅がある。元の建物を取り払って平地にし、新たに庭と邸宅が造られたが、あまりにも凝りすぎて完成までに要した月日は、8年。その間、京都では持ち主と用途…

続きを読む

変幻自在な音楽に人間賛歌を感じた2019年の幕開け~兵庫芸術文化センター管弦楽団第111回定期演奏会~

変幻自在な音楽に人間賛歌を感じた2019年の幕開け~兵庫芸術文化センター管弦楽団第111回定期演奏会~

【PACファンレポート㉗第111回定期演奏会】  2019年最初の兵庫芸術文化センター管弦楽団(PAC)の定期演奏会。11月の第110回定期演奏会から2カ月余り、ちょっとPACロス(?)が高じたところで1月18日金曜の初…

続きを読む

【précieux 京都】#13 観葉植物のあらゆる“常識”をくつがえし、枯らさずに育て続けることを提案し続ける
コトハ プランツ&アンティークス=京都市中京区西ノ京職司町67-38

【précieux 京都】#13 観葉植物のあらゆる“常識”をくつがえし、枯らさずに育て続けることを提案し続けるコトハ プランツ&アンティークス=京都市中京区西ノ京職司町67-38

 いま、関西の観葉植物を取り巻く環境が少しずつ変わり始めている。  その立役者とされているのが二条城の南西すぐにある「コトハ プランツ&アンティークス(以下、コトハ)」の代表取締役・谷奥俊男さんだ。開店は5年前。それまで…

続きを読む

イッサーリス初登場! 秋にふさわしいドヴォルザークの郷愁に酔いしれた~兵庫芸術文化センター管弦楽団第110回定期演奏会~

イッサーリス初登場! 秋にふさわしいドヴォルザークの郷愁に酔いしれた~兵庫芸術文化センター管弦楽団第110回定期演奏会~

【PACファンレポート㉖第110回定期演奏会】  いつもは土曜日に行く兵庫芸術文化センター管弦楽団(PAC)の定期演奏会。今月はどうしても外せない用があり、金曜日のチケットを取って駆け付けた。聴き逃さなくて良かった! ク…

続きを読む
1 2 3 12