1/25・26大阪市内で「傾聴による気づきと学びのワークセミナー2020」参加申し込みは1/10までに

講師の堅田利明さん

 大阪市立総合医療センターで約25年間、小児から青年期の言語障がいや発達障がいがある人と家族を支援してきた言語聴覚士の堅田利明さん(関西外国語大学准教授、同大学学生相談室相談員)を講師に迎える「傾聴による気づきと学びのワークセミナー2020」が1月に大阪市内で開かれる(要申し込み※子連れ参加は不可・有料)。主催は、対人援助と自己援助を考えるセミナー実行委員会。

 1月25日(土)には傾聴の基本姿勢からきっちり学びたい人に向けた「ベイシックコース」が、26日(日)には基礎から応用へ、さらにスキルアップを目指したい人に向けた「アドバンスコース」が、それぞれ別の会場で開かれる。

 

様々なワークを通じて、傾聴についての気づきと学びを深めていく

 【ベイシックコース】1月25日(土)10時~16時。会場は大阪国際交流センター3F フランダースホール(大阪メトロ千日前線「谷町九丁目」10番出口または近鉄「上本町」14番出口から徒歩約10分)。参加料4,000円。

 【アドバンスコース】1月26日(日)10時~16時。会場は大阪駅前第2ビル5F 大阪市立総合生涯学習センター(各線「(大阪)梅田」またはJR「大阪」・「北新地」から地下街で直結)。参加料8,000円。

 

 講師の堅田さんは「人の話を本気で聴いていく傾聴は、対人援助になるだけではなく、自己援助にもなります。職場や学校、家庭での様々な日常の場面で、相手の話にもっとじっくり耳を傾けたいと思いながら、なかなかうまくできないと悩んでいる人は、ぜひ参加してみてください」と呼び掛けている。

 ■ 「傾聴による気づきと学びのセミナー」過去の参加者の感想が読めるブログはコチラ 

 ■ 講師の堅田さんの著書「キラキラ」3部作について詳しくはコチラ

 

【申込方法】2020年1月10日(金)までに事務局へメールで申し込み後、参加料を事前に振り込む。メール確認後、事務局から受付番号を返信する(1週間たっても返信がない場合は事務局に郵送で連絡を)。

 <メールに記載する事項>①氏名(フリガナ)②住所③電話番号④メールアドレス(パソコンからのメールが受け取れるもの)⑤職業/所属⑥参加コース⑦参加回数(今回で〇回目)⑧(初回参加者のみ)参加しようと思った理由⑨(初回参加者のみ)この会を知った経緯

 <事務局>

  〒573-1195大阪府枚方市中宮東之町16-1 関西外国語大学 堅田利明研究室内 テッセンソン淳子

  mail:taijinenjoseminar28@gmail.com ※問い合わせもこのメールへ

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: 教育

あなたにおすすめの記事