【新規受講生を募集中!】龍谷大学の公開講座
「RECコミュニティカレッジ」で 新たな学びを体験してみませんか?

大宮キャンパス
大宮キャンパス

 龍谷大学は、「社会に開かれた大学」としての役割を果たすことを重視し、「教育」「研究」という大学本来の使命に加え、「エクステンション(普及)」を大学の使命と位置づけ、その使命を具現化する機関として、1991年に龍谷エクステンションセンター(REC・レック)を開設。大学の教育研究成果を社会に活かす社会還元の一環として、92年9月から、市民向けの生涯学習講座「RECコミュニティカレッジ」を開講しています。幅広い世代に向けて学びの場を提供している「RECコミュニティカレッジ」の魅力を紹介しましょう。

 

毎年約400講座を開講 特典のある会員制度も

 RECでは学びたいという意欲のあるすべての人に、大学の知的資源を開放すべく、1992年から市民向けの生涯学習講座として「RECコミュニティカレッジ」を開講しています。
 内容は同大学の特色でもある「仏教・こころ」「文化・歴史」「文学」をはじめ、「外国語」など、さまざまな分野の講座を前期・後期あわせて毎年約400講座開講。延べ約1万人の受講者がいます。
 また、多くの講座を受講する場合には、会員制度を利用すると受講料の優待があります。年会費3140円が必要となりますが、受講料の優待のほか、講座の優先受け付け、龍谷大学図書館の利用や龍谷ミュージアム入館料の優待など、さまざまな特典を受けることができます。
 会員の有効期間は毎年度4月から3月末日までのため、今なら4月からの入会を検討してみるのも良いですね。

 

京都・滋賀・大阪梅田のキャンパスで学べます

 講座が開かれるのは、歴史と伝統を持つ「大宮キャンパス(京都市)」、快適な学習環境の整った「深草キャンパス(京都市)」、2015年農学部が新たに設置された「瀬田キャンパス(滋賀県大津市)」、そしてアクセスに便利な「大阪梅田キャンパス」。そのほか東京でも講座を開講しています。京都・滋賀で開講される講座には、教室で学ぶ講座以外にも、学外でのフィールドワークを中心とする講座や、里山や農村を歩く自然観察、調理といった実習系の講座も豊富にそろっています。
 さらに、大阪梅田キャンパスでは夜間講座もあり、仏教の教えや、世界の経済、資産形成、起業などのテーマを仕事帰りに受講できます。
 西日本で最大級の規模を誇る公開講座「RECコミュニティカレッジ」なら、きっと興味のある講座が見つかるはず!ビジネスのスキルアップに、趣味や人生の幅を広げるために、新たな一歩を踏み出してみませんか?

 

小学生の学びの場 「龍谷ジュニアキャンパス」も大好評!

講座は毎年人気のため、早めの予約がおすすめ
講座は毎年人気のため、早めの予約がおすすめ

 2010年度から小学生を対象とした「龍谷ジュニアキャンパス」を開設。龍谷大学の教員や学生が講師となり、小学生に“学ぶこと、体を動かすことの楽しさ、面白さ”を実感・体験してもらうことを目的とした取り組みを行っています。ラグビーやサッカーなどのスポーツから陶芸・茶道・アートなど文化、芸術まで年間約25講座を開講。来年度の講座は20年4月から受け付け開始予定ですが、今期のコースでまだ受け付け中のものもありますので、ぜひサイトをチェックしてみてください。
https://rec.ryukoku.ac.jp/juniorcampus/




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: 教育

あなたにおすすめの記事