能・狂言・落語を知りたい留学生や観光客におすすめ~11/17(土)「初心者のための上方伝統芸能ナイト」英語公演

山本能楽堂

 国登録有形文化財の山本能楽堂(地下鉄谷町4丁目)で11月17日(土)18時から「初心者のための上方伝統芸能ナイト」英語公演が開かれる(17時30分開場)。

 「初心者のための上方伝統芸能ナイト」は2006年から続く人気企画。大阪で生まれ育まれてきた独自の伝統芸能~「能楽」「狂言」「文楽」「上方舞」「落語」「講談」「浪曲」「お座敷あそび」など~から3つ以上のジャンルを取り上げて、そのハイライトを上演するもの。英語公演となる今回は、狂言・能・落語を取り上げ、司会と落語は英語で行う。「海外からの留学生や観光客の方にもわかりやすく、楽しんでいただけると思います」と事務局長の山本佳誌枝さん。

 狂言は善竹隆司ほかによる「盆山(ぼんさん)」。盆山とは盆の上に趣のある自然石を配して砂で風景を描く風流な遊びで「盆景」「盆石」とも呼ばれている。物語は、多くの盆山を持っている男をうらやみ「分けてほしい」と頼んですげなく断られた男が、それならと盗みに入るが……。

 能は山本章弘ほかによる「羽衣」。富士山を眺める絶好ポイントとして古くから知られる三保の松原を舞台にした羽衣伝説をベースにした演目で、天女の舞が見どころ。英語落語は桂かい枝が登場する。

 

狂言

能

落語

 

 来場者の中から3人に舞台に上がってもらってワンポイントレッスンを行う体験コーナーもある(どの芸能になるかは当日のお楽しみ)。

 料金は正面席4,500円、ワキ・2階席3,000円。予約・問い合わせは山本能楽堂、TEL06・6943・9454(平日10~17時・土日祝休み)へ。ホームページからも予約できる。

 

 山本能楽堂のホームページはコチラ http://www.noh-theater.com




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: エンタメ

あなたにおすすめの記事