佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2019
ミュージカル「オン・ザ・タウン」
7月12日(金)~21日(日)
兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール

ニューヨークを舞台に 24時間のラブコメディー

 「地元の人たちにとことん愛される舞台を作りたい」と情熱のマエストロが毎回、趣向を凝らして届ける兵庫県立芸術文化センターの佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ(佐渡オペラ)。今夏は佐渡芸術監督が師事したレナード・バーンスタインが26歳の時に初めて作ったブロードウェー・ミュージカル「オン・ザ・タウン」が新制作で登場します。さて、その見どころは?

 

佐渡裕芸術監督
「今回は、兵庫公演後9年ぶりに東京でも公演します。プレレクチャーやええとこどりコンサートもお楽しみに」と佐渡裕芸術監督=2月7日、大阪市内で

 

若きバーンスタイン 最初のミュージカル

 「プロデュースオペラと言いながら、ミュージカルをやるんかい! やるんです」と、制作発表記者会見で笑いを取った佐渡さん。昨年からのバーンスタイン生誕100周年の最後を飾る作品として、師の次の誕生日が来る8月までに兵庫の舞台での上演を構想してきたという。
 「指揮者バーンスタインに憧れて弟子になったが、没後は作曲家バーンスタインに出会い直している気がしている。『オン・ザ・タウン』は、人をワクワクさせるメロディーメーカーとしての才能が強く発揮された素晴らしい作品だ。リズム感がはっきりして、エネルギーの塊のようなダンサブルな音楽。自分が書きたい音楽をすごく素直に書いていると思う」
 師の記念イヤーの昨年はミラノ・スカラ座でも代表作「ウエスト・サイド物語」が上演された。「バーンスタインの音楽は何層にもなっており、クラシック、ジャズ、ポップスなど、ジャンルの境界ギリギリのところへ導かれる。大切なのは感動があるかどうか。互いに刺激し合って、境界を超えていければいい」
 このミュージカルのピットには、生の音を聞かせる大編成の兵庫芸術文化センター管弦楽団(PAC)がいる。佐渡さんは「このプロダクションのために毎年、元ベルリン・ドイツ響第1コンサートマスターのベルンハルト・ハルトークや、元ウィーン・フィルの第2バイオリン首席のペーター・ヴェヒターらの名手がゲスト出演してくれている。今夏は彼らがPACの隣に座ってスイングするんですよ」と熱く語る。

 

ロンドンで発掘した 逸材たちが魅せる!

 演出と装置・衣装デザインを手掛けるのは、佐渡さんが「創造的でセンスのいい天才」とたたえるアントニー・マクドナルドだ。英国ロイヤル・オペラなどで活躍する逸材で、佐渡オペラでは2007年「魔笛」、16年「夏の夜の夢」でもスタイリッシュな舞台づくりで魅了した。
 キャストは昨年8月と10月にロンドンで実施したオーディションで200人以上から選ばれた精鋭ぞろい。主要キャストはオペラ歌手だが、踊れることも重視した。「夏の夜の夢」に出演した歌手も2人いる。「ウエストエンドのレベルの高さに改めて驚いた。演出家が英国人でもあるし、直前までロンドンで稽古して日本で合唱団と合わせる予定」という。
 ブロードウェー初演は1944年で13カ月462回のロングラン。49年製作51年日本公開の映画「踊る大紐育(ニューヨーク)」を見た人もあるだろうが、本作の要はダンス。元英国ロイヤル・バレエのプリンシパルを務めたアシュリー・ペイジの振り付けで、ダンサー20人が舞台を華麗に彩る。
 大都会を舞台に繰り広げられる24時間のラブコメディー。面白くて、最後ほんのちょっぴりほろ苦い。この夏は、素敵な大人のミュージカルで決まり!

 

イントロダクション

記者会見で展示された舞台の模型
記者会見で展示された舞台の模型

憧れの街で何かが起こる!

 1940年代のニューヨーク、午前6時。ブルックリンに停泊する軍船から、24時間の休暇を許された3人の水兵(ゲイビー、チップ、オジー)が、憧れの大都会ニューヨークの街に繰り出す。初めてのニューヨークに3人の心は浮き立ち、期待に胸が膨らむ。ゲイビーは地下鉄で見かけたポスターの女性アイヴィに一目ぼれ。アイヴィを探そうと3人は別行動を取ることに……。
 チップは開放的なタクシーの運転手ヒルディに、自然史博物館を訪れたオジーは人類学者クレアに出会い、2人ともひと時のアバンチュールを楽しむ。その頃ゲイビーはカーネギー・ホールのスタジオでついにアイヴィを見つけ、夜に会う約束を取りつけるが……。

 

【兵庫公演】
 日程:2019. 7/12(金), 13(土), 14(日), 15(月祝), 17(水), 19(金), 20(土), 21(日) 2:00PM
入場料:A12,000円 B9,000円 C7,000円 D5,000円 E3,000円(消費税込)
問合せ:芸術文化センターチケットオフィス 電話:0798-68-0255/一般発売
 会場:兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール(兵庫県西宮市高松町2-22)

【東京公演】
 日程:2019. 7/25(木)6:30PM, 26(金)2:00PM, 27(土)2:00PM, 28(日)1:00PM
入場料:S15,000円 A12,000円 B9,000円 C7,000円 D5,000円(消費税込)
問合せ:チケットスペース 電話:03-3234-9999/一般発売
 会場:東京文化会館大ホール(東京都台東区上野公園5-45)

「オン・ザ・タウン」特設サイト → http://www.gcenter-hyogo.jp/on-the-town/




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: エンタメ

あなたにおすすめの記事