平日の午後にぜいたくなひとときを いずみホール新シリーズ 初回にソプラノ歌手・中嶋彰子さんが登場

 

クラシック音楽専用ホール「いずみホール」では、平日午後のコンサートシリーズ「午後の特定席」がスタートします。4月19日(金)14時から、記念すべき初回が開かれます。3月7日の記者発表で、初回に登場するソプラノ歌手、中嶋彰子さんがコンサートに向けての熱い思いを語りました。

 

「リサイタルは、お客様を自分の大好きな庭に招待したような気持ちで歌っています」と話す中嶋彰子さん

 「平日の午後にゆったりと音楽を楽しみたい」。高齢になり、夜の外出が難しくなった常連客から多く寄せられた声に応え、平日の午後に本格的な音楽を楽しめるコンサートシリーズ「午後の特等席」が始まる。 

 中嶋さんは過去3回いずみホール主催公演に出演し、今回が4回目の登場。ウィーン楽友協会大ホールをモデルにし、パイプオルガンやシャンデリアが輝くいずみホールについて、「あまりにも美しくて、ウォームアップの時に思わず涙ぐんでしまった。そんな素敵なホールです」と話す。

 今回は、本人たっての希望で、兵庫県出身のピアニスト村上明美さんと初共演を果たす。「コンクールでピアノ伴奏をする村上さんの演奏を聴いて、その素晴らしい演奏に感動したんです。彼女は、歌詞の言葉の意味をしっかりと勉強し、歌手の表現したいことを悟り、リードしてくれる。いずみホールで始まる素敵なコンサートはぜひ彼女と共演したいと思い、村上さんに声をかけました」

村上明美さん©Shirley Suarez

 コンサートでは、イタリア古典歌曲に始まり、歌曲集、オペラ・アリアを経て、日本歌曲で締めくくる。中嶋さんは「特に『おとなのための童謡曲集』の『汽車ポッポ』を楽しみにして」と話す。「曲中、自分の声で汽車の音を表現するんです。まるで汽車がそこにいるような感じになるで、きっと楽しんでもらえるはず。年配の人も子育て中の若い方にもぜひ来てほしいですね」

 「午後の特等席」Vol.2は11月21日(木)に開催予定。出演は松田理奈(ヴァイオリン)、清水和音(ピアノ)。

 

午後の特等席 Vol.1 中嶋彰子

【日時】2019年4月19日(金)13:30開場/14:00開演

【チケット】一般4,000円、ペア券7,000円、学生2,000円(チケット発売中)

【プログラム】
パイジェッロ:いとしい人が来るとき
ヘンデル:オンブラ・マイ・フ
シューマン:アラベスク op.18、「女の愛と生涯」op.42
ドヴォルザーク:ジプシーの歌 op.55、「ルサルカ」より“月に寄せる唄”
ブラームス:間奏曲 op.119-3 、ラプソディー op.119-4
R.シュトラウス:「薔薇の騎士」より元帥夫人のモノローグ
「おとなのための童謡曲集」(岩河智子編作)より
 中山晋平:雨降りお月さん、黄金虫、ゴンドラの唄
 本居長世:汽車ポッポ

【問い合わせ・申し込み】
いずみホールチケットセンター ℡06-6944-1188(10時~17時30分、日祝休み)




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: エンタメ

あなたにおすすめの記事