桂優々が入門十周年独演会~弟子入り志願した思い出のA&Hホールで10月20日(日)に昼夜2回~

桂優々

 落語家・桂雀々の一番弟子、桂優々が入門十周年記念の独演会を10月20日(日)千里中央のA&Hホールで開く。14時開演の昼の部「師匠の十八番に挑む!」と18時開演の夜の部「優々未来の十八番?」の2部制。師匠もゲストとして登場する。

 桂優々は1986年滋賀県生まれ。龍谷大在学中にテレビで見た雀々の落語に衝撃を受け、09年春、卒業と同時に入門。師匠は11年に拠点を東京に移したが、優々は今も吹田市内に住み、東京と大阪を行き来しながら芸道に励んでいる。

 「大阪での記念の会は、初めて師匠に弟子入り志願に行ったA&Hホールでぜひやりたかった」と話す優々は、昼夜とも三席を披露。昼は桂弥太郎と桂華紋、夜は桂團治郎と笑福亭智丸も出演する。

当日のチラシ。ゲストの師匠がどんな話をしてくれるのかも楽しみ

 ちなみに2014年にHEP HALLで開いた入門五周年記念の会に優々が披露した噺は「動物園」「不動坊」「花ねじ」「普請ほめ」「延陽伯」「愛宕山」。今年6月に出身地の高島市で開いた独演会では「動物園」「舟弁慶」「がまの油」を披露した。さて今回は?

 前売り2,500円、当日2,800円、昼夜通し4,500円※大学生以下は当日、学生証を提示で千円返金する。予約・問い合わせは℡090・8792・6900、ゆうゆう会へ。




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: エンタメ

あなたにおすすめの記事