【公演延期】林部智史 大阪で4周年記念コンサート
〝泣きの貴公子〟 フェスで関フィルと共演

4周年のコンサートも開く林部智史

 澄み渡る青空を思わせるハイトーンボイスが人気の林部智史が、デビュー4周年記念コンサートを26日(木)16時30分から、大阪・中之島のフェスティバルホールで開く。関西フィルハーモニー管弦楽団とともに、歌声を壮大なスケールで届ける。
 1988年山形県生まれ。2016年のデビューシングル「あいたい」は、「今、もっとも泣ける歌」として評判を呼んだ。
 「デビュー当初は目まぐるしい毎日でしたが、昨年ぐらいから自分のペースや方向性が見えてくるようになりました。自分が歌いたい歌ではなく、聴く人が求めている歌にこだわりたい」と話す。
 18年秋からは日本の唱歌や童謡を歌い継ごうと、叙情歌コンサートも開始。昨
年11月には、名曲
を詰め込んだ叙情歌アルバムの第2作も発売し、同郷の岸洋子が歌った「希望」や、自身が作詞作曲した「ふり返れば」なども収めた。
 フェスティバルホールでは国内屈指の音楽の殿堂にふさわしく、関西フィルとの共演が実現。自身の曲を特別なアレンジで披露する。「大先輩の方々が立ってきた憧れのホール。フルオーケストラとご一緒すると発見も多く、自分の成長にもつながります。ずっと心に残るコンサートにしたい」と気合を入れる。
 9千円(全席指定)。チケット発売中。問い合わせはTEL0570・200・888、キョードーインフォメーションへ。

  ◇

 新型コロナウイルス感染症の影響で、主催者から公演の延期が発表されました。記事でご紹介した「林部智史 4th Anniversary Concert with 関西フィルハーモニー管弦楽団」は7月28日(火)16時30分から、フェスティバルホールとなります。詳しくは下記サイトをご確認ください。

https://kyodo-osaka.co.jp/search/detail/992

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: エンタメ

あなたにおすすめの記事