梅垣義明 「今こそ笑いをエネルギーに」
WAHAHA本舗
4年ぶり全体公演

劇団「WAHAHA本舗」の4年ぶりの全体公演「王と花魁(おいらん)」が11月13日(土)フェニーチェ堺大ホール、同14日(日)神戸国際会館こくさいホール、12月3日(金)~5日(日)大阪・COOLJAPAN PARKOSAKA WWホールで上演される。

2017年の全体公演終了宣言を経て、ファン待望の復活を昨年決定。コロナ禍で1年半延期となり、満を持して関西でも上演をめざす。柴田理恵、久本雅美、佐藤正宏らにぎやかなメンバーが勢ぞろい。構成・演出の喰始(たべはじめ)は、「先のことはわからない。いつまでもあると思うなワハハ本舗」とコメントを寄せ、案内チラシでは歌舞伎の雰囲気を漂わせつつ、枠を超えたワハハ流の超絶エンターテインメントをもくろむ。


舞台には出ない“宣伝隊長”には泉谷しげるが就任

 

公演PRのため7月に大阪を訪れた出演者の梅垣義明は「お客様の拍手や手拍子が私たちの力になっていたことを痛感しました」とこの1年半を振り返る。客席に下りて会場を盛り上げるのを得意としてきたが、「触れ合えないことを逆手にとって、笑ってもらえるネタを考えます」ときっぱり。ネット配信なども業界に広がる中、「演者と観客が時間と空間を共有して、エネルギーを交換し合えるのが生の舞台の魅力。やり続けてきたアナログの良さを追求したい」と話した。

「この時期だからできるネタをやりたい」と意気込む梅垣義明

堺・神戸公演=S席8800円、A席7800円、大阪公演=8800円(各全席指定)。TEL0570・200・888、キョードーインフォメーション。




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: エンタメ

あなたにおすすめの記事