技ありの日本料理と各地の地酒を夙川で
【慈秀】西宮市・夙川

関西・オンナの美酒佳肴

技ありの日本料理と各地の地酒を夙川で

【慈秀】西宮市・夙川 

 JRさくら夙川駅の南、神楽町交差点からすぐの裏道に小さな料理屋がある。もう何年も前になるが、前を通るたびに気になっていた店だった。女友達との食事会をと話しがまとまった時、3人の住まいの真ん中あたりで店を探していてふと思い出して予約したのが最初だった。

 

桜をモチーフにしたインテリア
桜をモチーフにしたインテリア

 

 2号線から南へ入る細い路地。店の前の小さなスペースに飛び石が置かれて、ちょっといい感じ。店内の壁には桜の木の模様が彫ってあり、カウンターの上を見上げるとピンク色の桜。「夙川といえば桜をイメージするでしょ」とご主人が言うように、夙川は桜の名所だし、それにちなんだ名前のJRさくら夙川駅もすぐ近くだ。

 

コースの一例。奥に見えるのが酒肴箱
コースの一例。奥に見えるのが酒肴箱
(撮影:篠原耕平)

 店内はカウンターと4人がけのテーブル席が一つ。ここに来る時は女友達3~4人なので、いつもテーブル席でおしゃべりに興じる。席に座ると女将さんがお酒のメニューを持ってきてくれて、乾杯の冷酒を決める。季節の地酒は種類が多く、来るたびに違うお酒があるのがうれしい。カネナカ(山口県周南市)や仙禽(栃木県さくら市)といった馴染みのない銘柄もあって、順番に飲んでいく楽しみがある。

 

アツアツの野菜天ぷら
アツアツの野菜天ぷら

 

 料理はいつもおまかせコースで、お決まりは二段の酒肴箱。一つにはたっぷりの野菜サラダ、もう一つには小さな器に入った酒肴がいくつも入っている。ここから始まって、造り、焼き物、炊き合わせ、天ぷらと進む頃には、すっかり酔いがまわってくるのだ。神戸、大阪、京都の名店で腕を磨いた店主の技は、素材の持ち味を生かしきる。ご飯、デザートまでたどり着くと、もう大満足だ。

 ランチもお得で友人にすすめると必ずリピーターになる。もちろん初めて行ったときの3人組は、何度も訪れており、それがいつも年末の御用納めが終わったあと。仕事人間の私たちが、ゆっくり飲むとなると必然的にこの日になり、年末の静かな夙川界隈をほろ酔いで家路につくのもまた好きなのだ。

 


◆ MENU
日本酒グラス 864円~
おまかせコース 4,860円

◆ Data
慈秀
電話:0798-20-2388
住所:西宮市神楽町4-5
営業:11:30〜13:30、18:00~23:00
休み:日曜(水・祝は夜のみ営業)


◆ Writing / 松田きこ
(株)ウエストプラン代表。兵庫県西宮市在住。食・観光・人物取材に日本中を飛び回る。ライター歴20年以上。編著書「神戸・阪神間 おいしい酒場」「くるり西宮・芦屋・東灘・灘」「くるり丹波・篠山」他
http://www.west-plan.com/

あなたにおすすめの記事