日本海・香住から直送! 蟹と魚と香住鶴
【カサバ】大阪・天満

関西・オンナの美酒佳肴

日本海・香住から直送! 蟹と魚と香住鶴

【カサバ】大阪・天満 

香住を訪れたのは、何年か前、水産加工業者さんの会合に参加したときだった。そこで知ったのは、魚好きの私にとって楽しい蘊蓄ばかりだった。なにしろ香住の水産加工の技術は素晴らしく、干物の味はピカイチなのだ。そのときに出会ったのが、明治12年創業、香住の老舗加工会社「北由商店」の北村晃一さんだった。大阪で蟹と魚の店をやっていると聞いて、大喜びで出かけたのだった。

 

カサバの店頭

 

そのとき行ったのはお初天神の近くにある「香住 北よし」で、蟹と魚料理、そして香住の地酒を味わえる。水槽には、香住から直送される魚が泳ぎ、タグ付きの蟹もゆらゆらと動いていた。香住の蟹は漁期が長く、春と秋は紅ズワイ蟹と黄金蟹がとれるため、夏場以外は新鮮な蟹が味わえる。地酒は香住鶴の生原酒があり、大阪にいながら日本海の味を堪能できるのは、たまらない魅力だ。

 

 

「香住の魚の良さを多くの人に伝えたい。干物の美味しさを知ってほしい」と、常々言っていた北村さんは、そのうち天満に新店をオープンした。これがカサバだ。魚屋としてスタートして、立飲みスペースを設けた。目の前の水槽から蟹を選んで、刺身と焼きガニに調理してもらう。蟹まるごとをカジュアルな立ち食いで、というのはなかなか無い。それに、造りも干物もとびきりの味だ。なんといっても北村さんで5代目という目利きの歴史がある。

 

そして昨年、カサバのすぐ近くで蟹ラーメンの店も始めた。香住の紅ズワイガニをふんだんに使った濃厚なダシがベース。自社工場で大量に蟹を茹でるから、市場には出せない見かけの悪い蟹をラーメン用に使える。だから、蟹醤油ラーメンが500円というリーズナブルな値段で提供できるのだ。

今、カサバも通常営業はできていないため、魚の販売に加えて、弁当や総菜のテイクアウトを始めた。蟹ラーメンも自宅で食べられるように素材パックを開発した。
カサバブランドで東京進出も果たしていたが、東京では外で蟹を食べる文化がないこと、香住の知名度が低いことで苦戦を強いられていた。そこへ緊急事態宣言だ。
北村さんは、蟹ラーメンの店に業態変更をするために、クラウドファンディングに挑戦する。状況の変化に素早く対応する柔軟さは、ほんとに見習うべきだなぁと思う。

早く、ここで香住の美味しい蟹と干物を食べたい。特に好物のハタハタのやわらかい身に香住鶴を冷やで。その日を楽しみにシーズン最後の蟹を買って帰った。

※緊急事態宣言中はテイクアウトのみ
営業時間11:00~17:00


◆ MENU(税別)
香住鶴 500円
香住鶴純米 600円
生酛 香住鶴1合780円、2合1,560円
サバへしこ500円
干し明太子280円

◆ Data
●カニとサカナの場 Casava(カサバ)
電話:06-6135-1165
住所:大阪市北区天神橋5丁目2−9
通常営業時: 15:00~22:00
休み:火曜
●香住 北よし お初天神店
電話:050-5266-0479
住所:大阪市北区曾根崎2-10-19 河合ビル 2F


◆ Writing / 松田きこ
(株)ウエストプラン代表。兵庫県西宮市在住。食・観光・人物取材に日本中を飛び回る。ライター歴20年以上。編著書「神戸・阪神間 おいしい酒場」「くるり西宮・芦屋・東灘・灘」「くるり丹波・篠山」他
http://www.west-plan.com/

 

【読者の皆さまへ】
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、4月29日現在、不要不急の外出は自粛が要請されています。
当記事は終息後のお出かけの際の情報収集の一助となれば幸いです

あなたにおすすめの記事