“マスク荒れ”には毛穴ケアが大切
専門サロンが教える自宅でできる肌のお手入れとは?

マスクをつける習慣が定着し、「肌がザラザラする」「肌のブツブツが目立つ」「ニキビができやすくなった」など、いわゆる“マスク荒れ”を気にする人が増えています。

毛穴ケア専門サロン「ウビクエ グランフロント大阪店」によると、“マスク荒れ”は、①マスクの生地と肌の摩擦が刺激となり、肌が乾燥したり、デリケートになりやすい、②マスク内が蒸れて、肌に雑菌が繁殖しやすくなりやすい--などの原因が考えられると言います。

毛穴ケア専門サロン「ウビクエ」では
“マスク荒れ”にも対応している

自宅でできるホームケアとしては、①クレンジングと洗顔で汚れを十分に落とし、肌のザラつきや、ニキビの原因となる毛穴づまりを防ぐ、②角質拭き取り化粧水などを活用し、ザラつきやニキビの原因となる毛穴づまり防ぐ、③十分に保湿し、肌のバリア機能を高める、④肌をこすらない、強くさわらない、⑤マスクは毎日使い捨てるか、毎日洗い、清潔な状態を心がける--をすすめます。

角質拭き取り化粧水を取り入れるのも
おすすめ

毛穴ケア専門サロン「ウビクエ」では、毛穴の汚れや肌表面の古い角質を取り除くことで、ザラつきやブツブツが気になる肌を、ツルツルなめらかな肌に。また、ニキビの原因となる毛穴の汚れ(角栓)を取り除き、定期的にケアを受けることで、毛穴に汚れがたまりにくくなり、ニキビの予防につながります。同店では、来店時に肌の状態や悩み、スキンケア習慣をヒアリング。肌が確実に早くきれいになることをめざして、一人ひとりに合わせてアドバイスしています。

<記事協力>
■毛穴ケア専門サロン
ウビクエ グランフロント大阪店
https://www.ubique-beauty.jp/




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ライフ&アート

あなたにおすすめの記事