阪急西宮ガーデンズ ゲート館が11月21日(水)に開業

 11月21日(水)に、「阪急西宮ガーデンズ ゲート館」が開業する。阪急西宮北口駅の南東側に立つ10階建ての商業ビルで、1~4階には飲食店、銀行、料理教室、女性専用フィットネスなどが、5~10階には学習塾のアップ教育企画、関西学院大学の新キャンパスがテナントに入る。

ゲート館の連絡デッキ。直線ではなく曲線のフォルムを描き、「立ち寄りやすさ」を演出

 西宮北口駅の東改札口から阪急西宮ガーデンズ本館は、ゲート館の連絡デッキで直結。駅からガーデンズ本館へ向かう人をもてなす「ゲート」としてふさわしい空間と、立ち寄りやすいスポット作りを目指したという。

 3階には、関西初出店となるアップルパイ専門店「グラニースミス」、兵庫県初出店で卵料理が自慢のビストロ「グッドスプーン」と注目の飲食店がお目見え。グラニースミスでは西宮店のみの限定商品として「塩キャラメルアップルパイ」が登場。さくさくのパイ生地にりんごをふんだんに詰め込み、ほんのりと塩が効いた自家製キャラメルクリームをたっぷり乗せて焼き上げた。季節メニューに加えて、カスタードクリームをベースにした「イングランド カスタード」をはじめ8種のアップルパイを常時取り揃えており、いつ訪れても新鮮なフレーバーに出あえる。

西宮限定の塩キャラメルアップルパイ(テイクアウト486円※1カット/イートイン702円※バニラアイス・ソース付き)

 「グッドスプーン」はチキン&エッグをテーマに展開する。柔らかさが特徴の兵庫のブランド鶏・但馬鶏と、関西にはほとんど流通しない田中農場(埼玉県深谷市)のこだわり卵「紅玉」をふんだんに使用したメニューに加え、チーズケーキのテイクアウトも充実。軽食からディナーまで1日を通して利用できる店舗だ。

グッドスプーン自慢のチキン&エッグ料理

 ゲート館は、子育て世代を主なターゲットとするのも特徴だ。5・6階のアップ教育企画は、0歳から通える英語教室「アナップ」、科学実験教室「サイエンスラボ」、ブロックを通して創造力を養う「レゴスクール」など、幼児教育向けの教室を充実させる。壁のないオープンなスペースの1フロアにこれらの教室を設置し、通う授業以外の様々なアプローチの学びに興味が向くようにも仕掛けられている。7階~10階には関西学院大学が新キャンパスを開設(19年4月)、小学生向けの放課後学習支援事業も始まるという。

 1階には、不妊治療や出生前診断を中心とした女性専門クリニック「レディース&ARTクリニック サンタクルス」が入る。親子でくつろげるカフェを併設し、離乳食教室や絵本の読み聞かせ会など、様々なイベントも予定されているという。

カフェでは管理栄養士が監修したスムージーも。左から「美魔女アンチエイジングジュース」「葉酸たっぷりジュース」

 阪急西宮ガーデンズの三輪谷雅明館長は「ゲート館の新しい機能を加え、地域の皆様にとっての『庭』=ガーデンズの魅力をさらに高めていきたい」と話している。




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース

あなたにおすすめの記事