先輩女性の話を聞こう! 3/9ドーンセンターで「未来を決めるのも、動かすのも、ワタシ!政治・法律・国際分野のオシゴト」

 3月8日は国際女性デー。1904年にアメリカの女性労働者たちが参政権を求めてニューヨークで大規模なデモを行ったことを受けて、6年後の国際社会主義者会議で「女性の政治的自由と平等のためにたたかう」記念の日とするよう提唱されて始まったといわれている。

 今年は大阪市中央区のドーンセンター(Osaka Metro谷町線・京阪「天満橋」駅)で、国際女性デーの翌日3月9日(土)に、女性たちがまだ少数派にとどまっている政治と法律の分野と国際分野で活躍する女性3人を招いて、講演&トークセッションが開かれる(主催=大阪府、OSAKA女性活躍推進会議、後援=大阪弁護士会、大阪府教育委員会)。時間は15時~17時で、会場は1階のパフォーマンススペース。

当日のチラシ

 テーマは「未来を決めるのも、動かすのも、ワタシ!政治・法律・国際分野のオシゴト」。まず第1部で、前尼崎市長の白井文(しらい・あや)さんが講演「女性の力を社会に活かす 市長を2期務めた経験から」。第2部のトークセッションでは、白井さんがコーディネーターとなり、弁護士で大阪弁護士会男女共同参画推進本部事務局次長の北嶋紀子(きたじま・のりこ)さん、認定NPO法人国連ウィメン日本協会副理事長の三輪敦子(みわ・あつこ)さんが加わり、キャリア選択ややりがいについて話す。

 参加対象は、高校生、大学生、保護者、教職員など、テーマに関心のある人(男女不問)。参加無料(予約優先、定員80人)。先人たちの歩みに勇気をもらって、若い女性の皆さん、一歩を踏み出してみませんか?

【申し込み】下記サイトから

https://www.shinsei.pref.osaka.lg.jp/ers/input?tetudukiId=2018120053

【問い合わせ】

 大阪府府民文化部男女参画・府民協働課男女共同参画グループ

 電話06・6210・9321  E-mail:danjo-fumin@sbox.pref.osaka.lg.jp




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース

あなたにおすすめの記事