次世代が地域の未来を切り開く
「若手サミット@関西」3月 参加募集

名古屋で昨年12月に開いた若手サミット
名古屋で昨年12月に開いた若手サミット

 少子高齢や教育格差など、身の回りには多くの課題が存在しながら、次の社会を担う若い世代は課題を実感し、発言する機会は少ない。そんな状況を変える一歩にしようと、10〜30代を中心に多様な年代の参加者が身近な地域課題について意見を交わし、課題解決の手法を探る「若手サミット@関西 2019春」が3月2日(土)16日(土)、グランフロント大阪の大阪イノベーションハブ(梅田)で開かれる。
 若手サミットは14年に名古屋で始まった。企業、自治体、大学、NPO法人などから有志約40人が集まり、定期的に議論を重ねてきた。仕事も生活環境もさまざまなメンバーが生み出すアイデアは自治体も注目。26年にアジア競技大会を開く愛知県と共に生み出したアイデアは、スポーツ体験会として実現予定だ。
 関西初となる今回は「地元のために、自分たちにできること」がテーマ。「残る商店街と、消える商店街」 「万博の中で自分たちにできること」 「地元のイベントとわたしたち」(予定)などリアルな地域課題となるサブテーマも設け、実行可能な課題解決策をチームに分かれて考える。
 大手IT企業勤務で事務局の丸岡豊さん(36)は「将来、課題が降りかかってくるのは若い世代。地元を知るきっかけとして多くの人に参加してほしい」と期待している。
 両日とも10時30分〜20時。参加費は千円。若手以外にサポートに意欲的な人も歓迎する。詳しくはフェイスブック「若手サミット@関西」のページへ。

若手サミット@関西
https://www.facebook.com/wakatesummitKNS/




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース

あなたにおすすめの記事