新緑の奈良 伝統の「薪御能」
5月17日(金) 18日(土) 春日大社・興福寺で

全国の薪能の源流とされている
全国の薪能の源流とされている

 奈良の初夏を彩る「薪御能(たきぎおのう)」が5月17日(金)18日(土)、春日大社と興福寺で開かれる。
 869年に興福寺の修二会(しゅにえ)を祝う行事で薪猿楽が舞われたのが始まりとされ、全国の薪能の源流として「御」の字を付けて呼ばれる伝統行事。観世、金春、宝生、金剛の能楽四座による能と大藏流狂言が、17日11時から春日大社舞殿、同17時30分から興福寺南大門跡、18日11時から春日大社若宮社、同17時30分から興福寺南大門跡で、古式にのっとり執り行われる。雨天の場合、南大門の儀のみ奈良県文化会館で行われる。

 1日協賛券は事前受け付け5千円、当日受け付け5500円。
全席自由。
問い合わせはTEL:0742-30-0230(月〜金9〜17時)、奈良市観光協会へ。観光案内所での販売、郵便為替も可能。




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース タグ: ,

あなたにおすすめの記事