丸ごと味わう薬味料理 「土佐ハーブ」の魅力広めて  

 ミョウガやニラ、生姜をはじめとした高知県の香りもの野菜=総称「土佐ハーブ」の魅力を知り、体験できる食事会「土佐ハーブフェスティバル」が、6月10日(月)に大阪市阿倍野区内で行われる(詳細な場所は参加者に後日連絡)。大阪中央青果株式会社が取り組む「高知野菜・果物を食べよう!」プロジェクトの一環で開催。現在参加者を募集している。参加は無料。「参加後3日間以内にイベント内容をSNSで全体公開できる人」が参加条件。

 当日は、「土佐ハーブ」をふんだんに盛り込んだ料理を立食形式で実際に味わいながら、野菜ソムリエ上級プロの野口知恵さんから、高知野菜についても学べる。

 高知県では一年を通じて、ミョウガ、ニラ、生姜、ネギ、大葉、三つ葉、セリなど、様々な効能や機能成分を持つ野菜を生産・出荷している。あらゆる料理を引き立てる「薬味」としてなじみが深い食材の魅力を広く伝えようと、「高知野菜・果物を食べよう!」プロジェクトでは、これらの野菜を「土佐ハーブ」と命名し、高知県ならではの食べ方や、新たな食べ方を発信している。

 とりわけ高知県のミョウガは生産量日本一を誇り、今回の「土佐ハーブフェスティバル」は6月13日(木)の「いいみょうがの日」を前に開催される。当日、会場には2016年ゆるキャラグランプリ第1位「しんじょう君」と、JA土佐くろしおのキャラクター「みょうがちゃん」も来場して盛り上げる。高知野菜のおみやげも配布される。

過去開催から(今年は立食形式で開催)

 参加申し込みは「高知野菜・果物を食べよう!」のHPで。定員70人(抽選)。当日は会場撮影があるため、顔写真撮影に同意できる人のみ参加可。子ども連れの参加は不可。

http://osaka-chusei.co.jp/kouchi/event/20190413/

 申し込み締め切りは5月13日(月)。当選者のみに5月18日ごろメールで連絡。

 

■概要

日時:2019年6月10日(月)18時30分~20時30分(終了予定)

場所:大阪市阿倍野区(詳しい場所は当選後に連絡)

参加費:無料

参加条件:イベント参加後3日間以内に、イベントの内容をSNSで全体公開できる人

 高知県の農作物、料理、イベントの情報サイト「高知野菜・果物を食べよう!」では、こうしたセミナーやイベントを定期的に開催している。詳しくはHPへ。http://osaka-chusei.co.jp/kouchi/




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース

あなたにおすすめの記事