JR・南海「新今宮」駅前が変わる! 観光客に特化した都市型ホテル「星野リゾート OMO7 大阪新今宮」2022年4月開業予定

 今年4月16日現在で国内36、海外2のホテル運営を手掛ける星野リゾート(所在地:長野県軽井沢町、代表:星野佳路)が、大阪市浪速区で開発中の施設名を「星野リゾート  OMO7(おもせぶん) 大阪新今宮」と決定。5月28日に起工式が行われ、6月1日に着工する。

【OMO7 大阪新今宮】外観イメージパース

 昨年立ち上げた「OMO」は、日本発のラグジュアリーリゾートを謳う「星のや」、西洋型リゾート「リゾナーレ」、全国展開の温泉旅館「界」に続く、星野リゾートの4つめのブランド。「寝るだけでは終わらせない、旅のテンションを上げる都市観光ホテル」をコンセプトに、ビジネス客の多い都市型ホテルの中で、観光客に特化したサービスを打ち出している。2022年4月開業予定の「OMO7 大阪新今宮」に先立ち、2018年4月に「OMO7 旭川」、5月に「OMO5 東京大塚」を開業している。7、5の数字はサービスの幅を示す指標で、数字が高いほど守備範囲が広くなるという。

「OMO」ブランドのホテルでは、ホテルを中心にした街全体を一つのリゾートとしてとらえ、ゲストに街に出かけてディープな魅力を楽しむことを提案する。その一つが「Go-KINJO(ゴーキンジョ)」サービス。OMOスタッフの街歩きのこだわりが詰まった「ご近所マップ」を作成。ガイドブックでは知りえないスポットや地元に愛される店を親しい友人のようにナビゲートしてくれる「ご近所ガイドOMOレンジャー」によるツアーも。「OMO7 旭川」では6月から地元スーパーを案内するツアーも始まるという

 

 

JR「新今宮」駅のホームから見た建設予定地=2019年5月29日撮影

 約14,000㎡という広大な敷地に立つ「OMO7 大阪新今宮」は、個性的な7タイプの客室436室と、レストラン、カフェテリア、ショップ、ガーデンエリア、温浴棟を有する地上14階建てのホテルになるという。

 星野代表は「建設予定地はJR新今宮駅前。駅のホームからよく見える場所です。それだけに、重視したいと考えたのはガーデンエリア。四季折々の季節が感じられるような工夫を凝らし、周辺地域の今ある未知の魅力を掘り起こして発信し、駅のホームや電車の中から見ている人が『ここで降りて、あそこへ行ってみたい』と思えるような場所にしたい。大阪はインバウンドの観光客が好調で、2025年には大阪・関西万博も開かれるなどポテンシャルは上がっているが、我々はバブルの教訓を忘れてはいけないと思っている。長いスパンで考えれば、一時的な追い風が吹く時も、沈み込む時期もあるのは当然だ。景気が悪くなった時にこそ、運営ノウハウを磨いてきた我々が真価を発揮できる時。建物の耐用年数の50年にわたって利益を生み続けるようなものを目指したい」と抱負を述べた。

廣田神社の祢宜、津江憲典(のりふみ)さんが四方清祓を行った
起工の儀の最初は日本設計の千鳥義典代表取締役社長
起工の儀の最後は竹中工務店の宮下正裕取締役会長
起工の儀の2番手で鍬を振るった後、玉串を奉納する星野佳路代表
起工式が無事に終わり、神を天にお返しする昇神の儀を行う廣田神社の宮司、津江正暉(まさてる)さん

 




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース

あなたにおすすめの記事