正解のないドリル 子供と一緒に 大阪人間科学大学が製作

 社会のリアルな課題を解決するヒントを考える、「答えのないドリル『ニッポンのしゅくだい』」が、9月1日(日)からジュンク堂書店 大阪本店などで販売される。

 大阪人間科学大学(摂津市)の学生が主体となり製作した。ドリルの問題は、大学教員や現場で働く様々な人がそれぞれ抱える課題を、学生がヒアリングした上で製作。扱う社会課題も、労働問題から高齢社会、子供が抱える問題、親子関係、障がい者理解など幅広い。

 すべての問題に対して、正解が定められていないのも特徴だ。たとえば「限界集落と買い物」「遠くに住む親の介護」といった設問に対し、「どこが課題のポイントか」「解決のためにどんなアイデアがあるか」を、自分がその場に立った気持ちで考えを表現し、周囲の人と答えを照らし合わせ、議論することで自分なりの正解を見つけ出す。いま社会が向き合わなければならない課題に対し、大人から子供まですべてが考えるきっかけとなる一冊にしてほしいとの願いも込められる。

問題に対して気になった部分に専用ペンで黄色いラインを引き、何が問題かを考える
抽出した問題をどうしたら解決できるか、イラストや文章で自由に表現し回答する

 製作にかかわった学生は「世の中のたくさんの課題に対して、いきなり難しい話をしても誰も振り向いてくれない。楽しく考えてもらう方法として考え付いたのがドリルだった。これからの世代が一緒に取り組めるよう、自分ごととしてもらえるよう、小学生でも楽しめる内容を意識した」とドリルに込めた思いを話した。

 一冊500円(税別)。ジュンク堂書店 大阪本店(大阪市北区)、丸善 京都本店(京都市中京区)、honto通販ストアhttps://honto.jpで9月1日(日)から販売される。

ドリルを製作する大阪人間科学大学の学生たち

 8月24日(土)、9月1日(日)、9月16日(月・祝)にはドリルを活用した小学生向けのワークショップも開催される。「パラスポーツ」「防災」「介護」をテーマに各専門のゲストを招き、大学生ファシリテーターのもと一緒に答えを探す。

 

8月24日(土)

【第一回ワークショップ パラスポーツ】

丸善 京都本店 11:00~13:00/ジュンク堂書店 大阪本店 16:00~18:00

内容:パラスポーツから考えるボーダレスな未来のアイデア

ゲスト:根木慎志(元車いすバスケットボールパラリンピック日本代表)

 

9月1日(日)

【第二回ワークショップ 防災の日】

ジュンク堂書店 大阪本店 13:00~15:00

内容:防災の日に考える防災と未来のアイデア

ゲスト:島田昌幸(株式会社 ONETABLE 代表取締役社長)

 

9月16日(月・祝)

【第三回ワークショップ 敬老の日】

ジュンク堂書店 大阪本店 11:00~13:00/丸善 京都本店 16:00~18:00

内容:敬老の日に考える介護と未来のアイデア

ゲスト:秋本可愛(株式会社 Join for Kaigo 代表)

 

各回①ゲスト講演 30 分 ② ワークショップ 60 分 ③ 発表 30 分

参加条件:小学校 3 年生以上の子供と保護者

募集人数:各回 20人(先着) 参加費用:無料

 ワークショップは子供のみの参加。保護者は立ち見での観覧。申し込みは各店舗または電話で。ジュンク堂書店 大阪本店℡06・4799・1090 丸善 京都本店℡075・253・1599




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース

あなたにおすすめの記事