東大阪の「モノづくり」と「賑わい」を発信する2日間

東大阪産業フェア2019

モノづくりのまちとして、職人と技が集積する街、東大阪。ワークショップや職人によるパフォーマンスを通して、街の魅力とモノづくりの価値を発信する「東大阪産業フェア2019」(主催 東大阪産業フェア2019実行委員会)が9月21日(土)、22日(日)、近鉄布施駅周辺で開かれる。

 会場は駅北口交通広場、「クレアホール・ふせ」、布施駅北部三番街商店街など。彫金や家具の職人体験など、楽しみながらモノづくりの世界に触れられるワークショップや、職人のライブパフォーマンスのほか、楽器づくり、文房具づくりなどが体験できる「こーばへ行こう!」などが予定されている。

 「にぎわいゾーン」には、カレーパン、洋菓子など東大阪の名店が勢ぞろい。駅周辺の各コーナーを楽しみながら、東大阪らしい「街のにぎわい」も体感できる趣向となっている。

 21日(土)は10~17時、22日(日)は10~16時(クレアホール・ふせは19時まで)。

 詳しくは、同実行委員会のHP https://www.higashiosaka-sanfair2019.com/event/

 または、東大阪産業フェア2019事業受託事業者(<株>ジェイコムウエスト 東大阪局 内)、

    電話06-4980-0056へ。




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース

あなたにおすすめの記事