下野竜也の指揮で「第1回 関西の音楽大学 吹奏楽フェスティバル」~10/21(月)19時、ザ・シンフォニーホール~

 関西の7大学で音楽を学び、菅打楽器を専攻している現役生たちが集まって演奏する「関西の音楽大学 吹奏楽フェスティバル」が10月21日(月)にザ・シンフォニーホールで初めて開かれる。参加大学は大阪音楽大学、大阪教育大学、大阪芸術大学、京都市立芸術大学、神戸女学院大学、相愛大学、武庫川女子大学(五十音順)。指揮は下野竜也で19時開演。

 演奏曲はC.T.スミス「フェスティバル・ヴァリエーション」、兼田敏「バラード」、A.リード「ロシアのクリスマス」、J.バーンズ「交響曲第3番」。

指揮者 下野竜也

 下野は「これまでオーケストラによる関西音大フェスティバルはありましたが、今回初めて吹奏楽で行えることになり、とても嬉しく思います。普段、違う学び舎で学ぶ学生達が、それぞれに刺激し合い、吹奏楽の名曲に取り組みます。吹奏楽ファンでない皆さまにも、吹奏楽による交響曲の大傑作、バーンズ『交響曲第3番』をはじめとする作品を楽しんでいただきたいと思います。会場でお待ちしております」とコメントを寄せている。

 料金は一般1,500円、高校生以下500円※未就学児の入場不可。問い合わせは大阪アートエージェンシー、TEL072・648・3852へ。




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース

あなたにおすすめの記事