キッザニア甲子園に「パスタスタンド」パビリオン 12月17日(火)から

 「キッザニア甲子園」(兵庫県西宮市)に、12月17日(火)から 「パスタスタンド」パビリオンがオープンする。子どもたちがパスタシェフとして、豊富なパスタの種類や幅広い料理のバリエーション、パスタをおいしく調理する技術などを学ぶ。小麦粉の製造および販売、ミックス粉やパスタ、パスタソースをはじめとした加工食品などの事業を展開する株式会社日清製粉グループ本社(本社:東京都)がスポンサーとなる。

「パスタスタンド」パビリオン外観イメージ©KCJ GROUP(キッザニア)

 パビリオンでは、形や長さ、太さなど異なるパスタの種類をはじめ、ソースやトッピングとの相性、調理方法について学んだのちパスタを作り試食。最終的にメニューブックを完成させる。一人ひとりの好みに対応できる、柔軟性の高いパスタ料理の奥深さと魅力について知り、パスタの楽しさを体験できる。

 体験を通して、パスタとソースや具材との組み合わせによってできるパスタ料理の無限大の可能性を伝え、未来を担う子どもたちの健康で豊かな食生活の向上につながることを期待しているという。

 「パスタスタンド」パビリオンのオープンを記念して、現在キッザニアでは「HAPPY MENU PASTA ~幸せになるパスタ料理 」と題して、子どもたちのオリジナルパスタ料理を12月5日(木)まで募集している。応募方法など詳細はhttp://www.kidzania.jp/koshien/news/detail/post-748.html を参照。




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース

あなたにおすすめの記事