モンテメール 3月にリニューアル
「新芦屋ライフスタイル」を提案

モンテメールの新しいロゴ
新しいロゴ

 JR西日本グループの神戸SC開発は、JR芦屋駅の商業施設「モンテメール」を、3月13日(金)にリニューアル開業すると発表した。
 モンテメールは1980年、旧国鉄の駅ビル開発の先駆けとしてオープン。98年には西館が加わり、阪神間を代表するショッピングビルの一つとして親しまれた。昨年3月に、低層階の一部を除いて休館。芦屋の玄関口にふさわしい施設への再生をめざし、工事が進められてきた。
 リニューアルでは従来のミセス層から30~40代の近隣居住者、駅利用者まで対象を拡大。便利に普段使いができ、くつろぎと彩りを与えてくれる場所として、「新芦屋ライフスタイル」を提案する。本館5階にあった飲食フロアは駅コンコース直結の西館3・4階に変更。本館は3~6階を専門店、地下1~地上2階を大丸芦屋店のゾーンとし、フロア構成を一新する。
 新ロゴデザインも導入。しなやかな曲線で芦屋のまちの人の流れを表現し、ブランドカラーも従来のワインレッドから上質で華やぎのある「シャンパーニュ」へ変わる。
 芦屋駅では市とJR西が連携し、2024年の完了をめざして、駅改良工事も進められている。

本館3階のイメージパース
本館3階のイメージパース



※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース タグ:

あなたにおすすめの記事