あなたの「家トレ」を応援 WMG2021関西 開幕まで1年

ワールドマスターズゲームズ(WMG)2021関西の開幕まで、5月14日でちょうどあと1年。現在は新型コロナウイルス感染拡大のため世界各地で外出自粛が続き、ジムに通ってのトレーニングも制限がある。そんな人たちへの支援として、WMG2021関西組織委員会は、“#家トレ”プロジェクトを開始し、参加を広く呼び掛けている。

“#家トレ”プロジェクトは、コロナ禍の状況下でも家で体を動かして健康の維持・促進につながるよう、今できるトレーニングやスポーツ、楽しみながらのアクティビティーなどの動画を、世界中の人とSNSでシェアしようというもの。統一ハッシュタグで投稿されたトレーニング動画は、5月14日から大会公式HPで公開されている。

前回オークランド大会の陸上100㍍で世界記録を樹立したインド在住の104歳のアスリート、Man Kaur(マン・カウア)さんが、WMG関西大会へ向けた練習として住まいの廊下を走る映像など、14日現在、世界中から様々な“家トレ”動画が約300件届いている。

 

参加方法は以下の通り。

【STEP1】

WMG2021関西公式SNSをフォロー

Twitter(@wmg2021kansai)

Instagram(@wmg2021_kansai)

【STEP2】

自身の家でのトレーニング、スポーツ、アクティビティーをスマートフォンなどで動画撮影(15~60秒)

【STEP3】

以下のハッシュタグをつけて、自身のSNSに投稿

①本大会ハッシュタグ「#wmg2021」(必須)

②プロジェクトハッシュタグ「#家トレ」「#stayactive」から少なくとも一つ

 

WMGは国際マスターズゲームズ協会(IMGA)が4年ごとに主宰する、おおむね30歳以上のスポーツ愛好者であれば誰でも参加できる生涯スポーツの国際総合競技大会。第10回大会となるWMG2021関西大会は、20201年5月14日~30日の期間中、関西広域(13府県政令市)を舞台に公式競技35競技59種目が行われ、過去最大規模となる国内外5万人の参加を目標としている。https://wmg2021.jp/

あなたにおすすめの記事