大阪環状線 60周年で装飾列車
先頭と最後部にロゴマーク

JR西日本は大阪環状線が今年で全線開業60周年を迎えたのを記念し、オリジナルデザインのロゴマークなどで装飾した列車の運行を始めた。

開業60周年記念の装飾をした大阪環状線の車両

装飾は同線を走る323系列車2編成の先頭と最後部前面に施した。ロゴは、円形の中にかつて活躍した103系と現在の323系の新旧車両を配置して歴史を表現。60の数字は無限大の記号と組み合わせ、大阪・関西万博を控える沿線の未来を感じさせるデザインにした。12月下旬まで運行され、大阪駅など主要駅では歴史を振り返るポスターも掲示している。

JR西日本では2013年から「大阪環状線改造プロジェクト」と題し、新型車両導入や駅のリニューアルを継続中。装飾の報道公開に立ち会った担当者は「地域に親しまれる大阪環状線をめざしたい」と話していた。




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: ニュース

あなたにおすすめの記事