府内初 スーパーに投票所設置 阪急オアシスと箕面市が協定締結

 箕面市と株式会社阪急オアシスは、1月28日に「選挙等の投票所の設置に関する協定」を締結。4月に執行予定の大阪府議会議員選挙から、阪急オアシス箕面店(箕面市瀬川5-1-1)に投票所を設置すると発表した。選挙当日の投票所をスーパーなどの民間店舗内に設置することは、大阪府内の自治体では初めてとなる。

 瀬川地区の投票区は、複数車線で道幅の広い国道171号線で南北に分断されており、投票所までの移動が大きな課題となっていた。新たな投票所の設置を検討していたところ、阪急オアシスの協力を得て、箕面店内で通常イートインコーナーとして使用されている「レストスペース」を投票所として提供してもらえることになった。これにより有権者の移動負担が大幅に軽減されたほか、買い物ついでに投票ができるようにもなり、選挙当日の利便性は格段に向上することになる。




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: 地域

あなたにおすすめの記事