清らかなハスの花に悠久の歴史をたどる 奈良・西ノ京 ロータスロード 8月18日(日)まで 特別ご朱印や早朝参拝

 清らかに咲くハスを愛でながら、奈良市に点在する薬師寺、唐招提寺、喜光寺、西大寺の4カ寺を歩いて巡る「奈良・西ノ京 ロータスロード~蓮とご朱印めぐりを楽しむ旅~」(奈良市観光協会主催)が、8月18日(日)まで実施している。

白いハスが美しく咲く喜光寺=6月7日

 奈良市観光協会が主催。仏教で神聖な花とされ、初夏から夏の早朝に花が開くハス。近鉄大和西大寺駅から西ノ京駅にかけて、南北約4㌔にわたって連なる4カ寺では、珍しい品種を含め、合計約700鉢が大切に育てられている。花々と歴史ある寺院の建物を同時に楽しめると人気を集め、今年で6回目を迎えた。4カ寺共通拝観券を購入すると、この期間限定の特別なご朱印が受けられ、4カ寺の僧侶の揮毫をデザインしたロータスロードオリジナルの散華(さんげ)がもらえる。

 花が開く早朝に訪れ、法話を聞いた後に朝粥(あさがゆ)の振る舞いが受けられる「早朝参拝」を6月16日(日)に喜光寺、6月23日(日)に唐招提寺、7月6日(土)に薬師寺、7月28日(日)に西大寺でそれぞれ開催される。いずれも7時~8時30分。5,000円(共通拝観券を含む、喜光寺は写経体験付きで9時30分まで、5,800円)。先着20人。要予約。

ほうじ茶で炊いた喜光寺の茶粥

 喜光寺の副住職・髙次喜勝さんは「ハスは花びらもつぼみも、そして散っても美しい。開花からの日数によって咲き方も違うので、何度も訪れて変化を感じてほしい」と話す。

特別ご朱印を持つ喜光寺・副住職の髙次喜勝さん

 4カ寺共通拝観券は3,800円。各寺の拝観受け付け、近鉄奈良駅総合観光案内所、奈良市総合観光案内所、奈良まほろば館で販売中。問い合わせ、早朝拝観は予約は℡0742・30・0230、奈良市観光協会(平日9~17時)へ。




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: 地域

あなたにおすすめの記事