塚口商店街が情報誌を発刊
「笑える今日がここにある」 31店が発信

商店主の笑顔が印象的な冊子

尼崎市の塚口商店街振興組合が情報誌「塚口笑店街」を発刊した。

阪急塚口の北側に広がる同商店街は31の飲食店や物販店が加盟。経済産業省が進める「GоTо商店街」事業の採択を受け、A4判変形、28ページ、カラーの7千部を印刷した。

タイトルは商店街の愛称でもある「塚口笑店街」に。各店のサービス紹介のほか、自宅でできる「おこもり美容」のアドバイスや、生活の悩みに店主らが答える企画なども盛り込まれている。街の魅力や将来について関係者が語り合うページもある。また、同時に「You Tube」チャンネルを開設。各店や尼崎市役所などで配布されている。

塚口商店街振興組合の村上憲司理事長は「いつも笑顔あふれる商店街にぜひ足を運んでください」と話している。




※上記の情報は掲載時点のものです。料金・電話番号などは変更になっている場合もあります。ご了承願います。
カテゴリ: 地域

あなたにおすすめの記事