人生の終わりから介護のあり方を考えた~「毎日がアルツハイマー ザ・ファイナル 最期に死ぬ時。」関口祐加監督インタビュー

人生の終わりから介護のあり方を考えた~「毎日がアルツハイマー ザ・ファイナル 最期に死ぬ時。」関口祐加監督インタビュー

   アルツハイマー型認知症と診断された1930(昭和5)年生まれの実母(ひろこさん)を介護するドキュメンタリー映画を、これまでに2作発表して話題を呼んできた関口祐加監督の最新作映画「毎日がアルツハイマー ザ・…

続きを読む

見終わった後でタイトルに納得できる傑作ドキュメンタリー映画「愛と法」9/22から公開

見終わった後でタイトルに納得できる傑作ドキュメンタリー映画「愛と法」9/22から公開

 日本の社会って、表面で見えているものと実態が微妙にずれてたり、ちょっと奇妙なところがあるんじゃないかな?――。行定勲監督作品「世界の中心で、愛を叫ぶ」(2004年)で映画の現場を初めて経験した帰国子女、戸田ひかるさんの…

続きを読む

【終了】気品あふれる輝き~特別展「高麗青磁―ヒスイのきらめき」11/25まで大阪市立東洋陶磁美術館

【終了】気品あふれる輝き~特別展「高麗青磁―ヒスイのきらめき」11/25まで大阪市立東洋陶磁美術館

 大阪市立東洋陶磁美術館で開催中の特別展「高麗青磁―ヒスイのきらめき」は、やきものを通して時空を超えた歴史ロマンに思いをはせることができる貴重な展覧会だ。安宅コレクションをはじめ、東洋陶磁美術館が所蔵する高麗青磁の逸品を…

続きを読む

この夏、親子で読んでほしい越水利江子さん最新作「ガラスの梨 ちいやんの戦争」おすすめの理由とは?

この夏、親子で読んでほしい越水利江子さん最新作「ガラスの梨 ちいやんの戦争」おすすめの理由とは?

 もうすぐ終戦記念日が来る。  当時、子どもだった人がこの日をどんな思いで迎えたのか、戦時色が濃くなる中で市井の人々の暮らしがどう変わっていき、戦後はどのような暮らしを送ったのか――。大阪に住む「ちいやん」と呼ばれる一人…

続きを読む

大切な何かを思い出させてくれるフランス映画「子どもが教えてくれたこと」7/14公開

大切な何かを思い出させてくれるフランス映画「子どもが教えてくれたこと」7/14公開

 3歳と10歳の2人の娘を難病で亡くした経験を持つパリ生まれの女性ジャーナリスト、アンヌ=ドフィーヌ・ジュリアンが初めて脚本・監督を手掛けたドキュメンタリー映画「子どもが教えてくれたこと」が間もなく公開される。  登場す…

続きを読む
1 2 3 4 5 10